2019年12月08日

寒さとバッテリーの関係

アドバイザーの中山です。

先日、金沢も初雪が降りました。本格的な寒さの到来ですね~

そこで今回は「寒さ」と「バッテリー」の関係性についてです。

以前に暑さとバッテリーの関係について挙げたことがあったんですが。。。



その逆はどーなんでしょって話です。

結論からいえば暑さにも弱いんですがなんと『寒さにも弱い』です。なんともデリケートなだめだめちゃんです。。。あ、ちょうど今、今年のノーベル賞の日本人受賞者の吉野彰氏がスウェーデンに行ってらっしゃいますね、この方の受賞した研究テーマが「リチウムイオン電池の開発」なのです。あまり失礼なことを言うのはやめましょう、優秀なものには1つくらい欠点があるものですよねぇ、アハハ49



冬場の注意点ですが、寒ければ寒いほどバッテリーの消耗が激しくなりますし、気温や機種によっては起動すらしなくなるので注意が必要です。寒さで起動しない状況では体温などでゆっくりあっためた後に起動してみましょう。決してファンヒーターの前に置くなど急激な加温は逆効果です。

また、その気温差にも弱いともいえます。冬場の窓の状態と一緒ですが、気温差が激しいと結露して端末内部で水分が発生するのでよくないですねぇ、ショートしちゃいます。まぁ、実際そこまでデリケートじゃないんでしょうけど、冬場に出掛ける時なんかは夏場とは逆に衣服のポケットに入れてやると多少、電池持ちがいいかもしれませんね。

あとiPhoneよりAndroidのほうが寒さへの耐性があります。これAndroidが強いというよりはiPhoneがデリケート過ぎるってのが正確かもしれません。

ですので、冬場の外出時は端末を冷やし過ぎないよう心掛け、電池の消費を抑えましょう。夏場によく売っていた防水ポーチなんかに入れてやれば端末自身が出す熱で温まっていいかもしれませんね。



それでは安全で楽しいモバイルライフをお過ごし下さい。
  
Posted by モバイルホッパーズ at 06:33使い方テクニック

2019年05月10日

スマホの過充電はダメよ~

ゴールデンウイークも無事に終わりましたねぇ、テレビを見てると皆さん悲喜こもごもだったようで。こんにちは、アドバイザーの中山です。

今回は大事なスマホの充電について




自分もちょっと前までは普通にやってましたが、寝る前に充電ケーブル挿して、起きたらまんたーんface02なんてやってませんかicon115

それダメなんですぅface07

100%を上回って更に充電してると『過充電』の状態になるのでいろんな不具合が起きちゃいます。電池の寿命が短くなったり、電池の減りが早くなったり100害はあっても1利すらないのでーす。

じゃなんでダメなのicon115って話ですが結局はスマホの電池は「熱に弱い96」ってこと。充電中は発熱してます。朝まで充電してるとなると朝までずーっと発熱してます。それがダメなんですよねぇ。

もっとサイアクなのは「充電しながらのスマホ使用」!!何かしら使用していればこれも発熱しますから充電の熱も相まって相当熱くなってるんですわ。

あ、でも、アイスノンとか置いて無理に冷やそうとしちゃダメですよicon04。その温度差も故障の原因になっちゃうし、さらに寒すぎても動かないという健気さ。。。

ここまで読んでいただければわかりますが、結果。。。『スマホちゃんは人間よりデリケートicon119バブゥ』なのです。

ちなみに自分はこんなのを使って過充電を防止してますicon15



指定の時間になったら通電が終わるってスグレモノ。ダイヤル回して好きな時間を設定できるんで、「今残りが75%だから1時間やればいーかな」ってな感じでオススメです。これなら朝まで挿しっぱでも自動でOFFになるのでOKですよ53

それでは皆さん、快適なスマホライフをお過ごしくださーい。。。あ、そだ、ポケットにスマホ入れて歩くのも体温伝わってダメなので84  
Posted by モバイルホッパーズ at 08:50使い方テクニック